リスクマネジメント

リスクマネジメント

NGT48山口真帆さん暴行被害事件が報道を賑わせています。NGT48については、私も中学生時代、アイドルグループのファンクラブに入っていた経験もあるので、以前AKBの握手会事件含め、今回の事件には衝撃を受けました。一番の驚きは不起訴処分になったということです。ちなみに、私が加入していたのも秋元康さんがプロデュースしていたグループでした。

 

同じチームのメンバーがファンに対して、帰ってくる時間帯をリークしたという報道もありましたが、もしそれが本当なのであれば、運営会社はどのようなリスクマネジメントをしているのか?と疑問に思いました。

 

たまたま今回は怪我がなかったというだけで、行動してしまった男性も、リークしたメンバーも共犯とする、ストーカー犯罪のような気がしています。

 

一般企業でも問題の隠蔽など、リスクマネジメントが原因で倒産した企業がたくさんあります。被害者だけが表に出て謝罪しているのは、やっぱりおかしいですね。そもそも被害者が謝罪する必要は全くないと思います。

 

何か起こった時に、どのような対処をするのか、事前に想定しておくのがリスクマネジメントです。SNSなどで情報が飛び交う時代になり、酔った勢いでツイートした一言が会社の信用を落とすこともあります。最近の研修ではリスクマネジメントを取り上げて欲しいという依頼も多くなっています。今回の報道は、研修講師としても改めて学び直してみようと思うきっかけになりました。

コメント

  1. […] 最近の報道ではお笑い芸人による「闇営業」がまだまだ収まる気配がありません。研修講師としてもコンプライアンスやリスクマネジメントの研修リクエストをいただくことが多いので少し紹介したいと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました