危機管理

リスクマネジメント

今日で日航ジャンボ墜落から32年。当時中学生だった私も鮮明に覚えています。以来、日本では大きな旅客機事故もなく、安全管理体制も整備されました。事故を忘れてしまっては、また気が緩み、大きな事故につながる可能性が高まります。後世にも伝えていくべきものであると再認識しました。

しかし、残念ながら日本人が忘れかけている記憶があります。米朝の緊張が高まる中、日本の対応を見ているとまだまだ他人ごとの域を出ていないと感じます。中国・四国地方の上空をミサイルが飛んでいくと北朝鮮が発表し、注目されると実はPAC3は両地方で配備されていなかった。森友学園や加計学園問題も確かに見過ごせない問題ですが、日本国のためを思うともっと政治家や官僚が議論することは山積しているのではないかと思います。

マスコミ側にも大いに問題はあると考えます。ビジネスである以上、視聴率や購読率も重要です。しかし、過去の大戦を振り返るとマスコミが国民を煽ったことも事実です。このような一触即発の情勢で本来指揮を執るべき安倍総理も上記問題の渦中にあり、防衛大臣も辞任、内閣支持率も低下、問題だらけですが、優先的にやるべき危機管理に力を注いでいただきたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました