東京都知事選挙

リスクマネジメント

山本太郎氏の出馬表明により俄然面白くなってきた東京都知事選挙。新型コロナに対しての取り組みを見ていると、小池百合子現知事で決まりのような流れでしたが、東京オリンピック、パラリンピックの中止、都民に一律10万円支給といった公約を山本氏が発言したことで結構な票を集めるのではないかと感じました。

 

新型コロナが世界に広がり、国のリーダー、各地方のリーダーによって対策も様々であり、自分自身や家族の命すら左右されてしまうといった状況なので、選挙に対する意識も高くなっているのではないかと想像しています。

 

小池現知事一択ではなく、他の選択肢が多いことは良いことだと思います。都民への一律10万円支給などは投票する側からすると魅力的な公約ではありますが、本当に東京都知事がすべきことは何か、1票投じるのであれば、真剣に公約を見比べる、小池知事のこれまでの実績を振り返るくらいのことはしたいと思います。

 

大阪出身の私もそうですが、東京には東京以外の出身者がたくさん居住されています。霞が関に代表される官庁や、大手企業の本社、外資系企業の日本支社が集中している場所でもあります。日本の中心でもあり、オリンピック、パラリンピックにも影響が出そうな今回の都知事選挙の結果は、世界も注目しているはずです。

 

都内では、また新型コロナ感染者数が増えてきました。以前ほどの危機感を持った報道にはなっていませんが、ホストクラブでの一斉検査により無症状の方の感染も出ているとのことです。小池都知事や西村大臣は、二次感染を防いでいるとの説明をされていましたが、ホストクラブに出入りした客も追えず、万一感染した客が若い女性であれば同じような無症状であることが容易に想像できます。もし、その女性達も夜の街で働いているとしたら、中高年の男性が感染し重症化するといったサイクルが容易に想像できてしまうのは、私だけではないはずです。

 

私としては、やはり、新型コロナへの対策をどのように考えているのか、ここに注目して1票を投じたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました