地位は人を作る

リーダーシップ

管理職研修の中でよくお話しすることをご紹介します。管理職になれる人の割合は企業規模によっても違うため、一概には言えませんが、高い数字ではありません。研修を行う前に人事部との打ち合わせをしますが、その際にどのような社員を昇進させた方がよいかを相談されることがあります。

営業系の会社では実績をあげている社員が昇進していくケースが多々あります。ただし、管理職はマネジメントスキルがないとチームで数字をあげることが難しくなったりします。結局、管理職1人が今まで通り売り続けているような状態です。私が相談を受けた時にお話しすることはただ一つ、「地位は人を作る」ということです。昇進させたい人がいれば、一度やらせてみる。これが一番効率的です。

最初から管理職の仕事を完璧にこなせる人はいませんし、様々経験をすることで、スキルが身に付きます。私の経験上、「地位は人を作る」で社員を育てている会社からはたくさんの優秀な管理職が生まれています。

 

タイトルとURLをコピーしました