40代、転職が難しいと言われる理由

リーダーシップ

以前、研修を受講されていた40代の方から、相談を受けました。

 

「今の職場では、自分の力が発揮できていないように思う。でも40代での転職は難しいですよね?」

 

人材紹介会社の方々とも話をする機会が多いので、最近の状況をお聞きする限りでは転職も売り手市場で、人を採用したいという企業はたくさんあるとのこと、特に中小企業では人に困っているとのことをお伝えしました。

 

その方は、上場企業の社員でしたので、中小企業への転職というのは、あまり考えていないようでしたので、下記の質問をしてみました。

 

自分の力が発揮できないと仰っていますが、自分の力(自身の付加価値)とは具体的に何でしょうか?

 

40代ともなると、様々な経験を積んでこられているはずです。成功体験、失敗体験、マネージャーとしての経験等々、今まで培ってこられたものの中から、今会社に貢献できている一番の価値とは何でしょうか?

 

という質問に対して、その方は即答することができませんでした。

 

なぜ、40代の転職は難しいと言われるのか、私自身はこの質問を明確に答えることができる人であればさほど難しいことではないと感じています。

 

ただし、それが答えられないとなると、非常に難しくなります。

 

なぜなら、採用する側として、40代に求めていることは、具体的な付加価値と自走できる人を求めているからです。極論ですが、指示したことをやってもらうだけであれば、10代のアルバイトでも良いわけです。

 

わざわざ、高額な給与を提示して40代を求めている企業は、間違いなく経営幹部になれる人を求めています。

 

実は、ここでも「インボルブメントリーダーシップ」は有効に活用することができます。多くのリーダーシップ論が展開されていますが、その大半は、リーダーのためのものでした。私が提唱した「インボルブメントリーダーシップ」は、リーダーだけではなく、フォロワーもインボルブメントリーダーシップのスキルを身に着けることで、組織運営や仕事をスムーズに行うことができます。

 

たとえば、40代で転職を考えている人に多いのが、とってつけた理由がたくさんある中で、組織の中に溶け込めていない(居づらい、居心地が悪い)というのが本音ではないでしょうか。

 

残念ながら、もし言わなくても、本音の部分で少しでもそう感じているのであれば、転職しても良い結果は望めないと思います。

 

40代を採用しようと思っている企業は、自走し、組織の雰囲気を変えてくれる(職場環境や良い雰囲気を生み出せる)力をもった人材を求めています。

 

今の職場でそれが出来ないということは、他に移っても出来ないのは明白です。

 

「インボルブメントリーダーシップ」とは、周りを巻込むリーダーシップです。しかも、ポータブル(持ち運び自由)スキルなので、どこの組織に入っても通用するスキルが身に付きます。

 

ご興味があれば、こちらまでお問い合わせください。

 

タイトルとURLをコピーしました