総裁選にみるリーダーシップ

リーダーシップ

リーダーシップについては研修講師ネタ帳でも何度か紹介してきましたが、今回は自民党総裁選の報道をみながら、個々のリーダーシップについて考えてみました。

 

まず、国民からの人気が高い河野太郎氏ですが、河野さんの強みはご本人も仰っているように「実行力」「突破力」ではないでしょうか。弱みをあげるとすると、麻生派全体で推してもらえない「巻込力」かもしれません。「実行力」「突破力」を挙げるなら、菅総理も相当な力を持っていると思うのですが、国民に訴えるパフォーマンス力とコロナ禍における国民感情に負けてしまった感が否めません。パフォーマンス力(情報発信力)については、河野さんであれば問題ないかと思います。

 

続いて、高市早苗氏ですが、高市さんの強みは昔からブレないところではないでしょうか。国民に対してのパフォーマンス力もブレない人なので相当強いと思います。ただ、自民党の総裁=総理大臣と考えると、仰っていることを本当に実行できるのか、その点については少し疑問に思ったりもします。現在は無派閥ですが、以前属していた派閥を抜けているので、その時の感情を根に持つ議員もいるとか、いないとか。やはり高市さんも「巻込力」という点で少し厳しいかもしれません。第100代の総理大臣が初の女性という話題性もあるのでどこまで支持拡大できるのか、安倍元総理の支持表明が悪い方向に出ないことを祈るばかりです。

 

今回、立候補しないことになりそうな石破茂氏。国民からの指示はいつも高いのに、党員票で負けてしまう現実を見ると、やはり石破さんのリーダーシップで欠けているのは「巻込力」ではないでしょうか。麻生政権時代、リーダーに対して撤退を進言する勇気は相当のものがあると考えていましたが、今となってはそのことがずっと足かせになっているような気がします。石破さんを見ていると歴史好きな私としては「石田三成」を想像してしまいます。NO2の実務家として有能な方ではないでしょうか。

 

最後に、岸田文雄氏。一番早く立候補し、当初は対菅総裁という構図でしたが、まさかの菅総裁の立候補しない宣言があり、割を食った感が否めません。当初の国民に向けたパフォーマンスが徐々に党内の有力者へ向けた発言に変わっていったところを見るとリーダーの発言としては少し不安を感じます。また、国民の声を丁寧にきくというスローガンは一見良いなと感じる人も多いと思いますが、国会議員の仕事、自民党総裁の仕事、総理大臣の仕事を考えた時、そうではないと思う気持ちもあります。

 

いずれにせよ、私は自民党員ではないので、総裁選の選挙権もありません。日本国民の1人として見守るしかないのですが、自民党の国会議員、自民党員の皆様には自民党総裁=総理大臣ということを忘れずに、1個人の清き1票を投じて欲しいと切に願います。

タイトルとURLをコピーしました