体操金メダルで思うこと

リーダーシップ

白井選手、村上選手が金メダルを獲得し、特に女子では史上初の床で金メダルということで大変盛り上がりました。レジェンドの内村選手が怪我で棄権しましたが、若手選手の活躍で東京オリンピックも楽しみになってきました。

フィギュアの本田真凜選手やサッカーの久保建英選手など、10代の若手選手が活躍している姿を見ていると頼もしく思います。大きな大会で結果を出せるのは、やはり早い段階で世界をみることが出来ているからでしょう。

今後、日本が世界の中で再度躍進するには、若い人たちが積極的に世界へ羽ばたくことではないかと考えています。

大谷選手がポスティングシステムでメジャーへという報道で様々な意見が出ていますが、そもそも大谷選手は高校を卒業するときにメジャーに行きたかったのを大人たちが阻止したと私は思っています。日本のプロ野球もビジネスですからポスティングシステムを認めないのもわかりますが、最高峰でプレーする日本人が増えることで間違いなく日本国内のレベルも上がるはずです。

スポーツだけではなく、ビジネスの世界でも多くの若者が世界で活躍している未来こそが、日本を躍進させると信じています。

タイトルとURLをコピーしました