宅建合格への最短距離

宅建

毎年20万人近くの人がチャレンジする宅建試験。受講生を教えてきた経験から合格への最短距離を考えます。クーポンコードのプレゼントもありますので、最後までお読みください。

今年の試験日は平成29年10月15日(日)13時から15時、受験申込は7月31日までとなっています。毎年20万人近くの人が受験申し込みをする国家資格の中でも人気のある資格です。反面、毎年5万人近くの人が申し込み後にあきらめて受験しないという珍しい試験でもあります。

私が合格した平成10年当時は独学で勉強されていた方がほとんどでした。最近では宅地建物取引士と名称も変わり、試験内容も難化傾向にあります。実務に携わっていない方や、法律を学んだことのない方にとっては、専門の教育機関に通学されるか、通信教材で学ぶことが、間違いなく合格への最短距離を行くことができます。

もし、独学で学習されてきた方で、今年の受験を迷われている方がいらっしゃいましたら、私が講師をしている速習講座をご検討されてみてはいかがでしょうか。ブログをご覧の皆様に、10%OFFのクーポンコードをプレゼントさせていただきます。

クーポンコード agaroot009

宅建試験(宅建士試験) | 宅建試験速習カリキュラム | アガルートアカデミー
主に受験経験者や不動産取引の実務でご活躍中の方で,今年こそ宅建試験を合格したいという方向けに,合計約36時間のインプット講座,約10時間の総まとめ講座,模擬試験というコンパクトながら合格に必要なすべての講座が詰まったコースパックになります。
速習講義 ガイダンス 古田大悟講師|アガルートアカデミー宅建士試験

 

 

タイトルとURLをコピーしました