スランプ脱出法

心理

研修ではスランプ脱出の話をよくします。なぜか?一度もスランプを経験せず、成功している人は皆無だからです。スランプにも2つのタイプがあります。

 

①営業マンが今までと同じ売り方をしているのに、売り上げ成績が上がらなくなった。

これは、自身のスキルというよりかは、外部環境が変わっている可能性があります。流行や、競合他社の影響が挙げられます。

②今まで出来ていたことが出来なくなった。

これは、自身の体調やメンタルによる影響が大きいです。同じ営業だが、営業1課から2課に異動し、上司やメンバーが変わるケース等が挙げられます。

同じスランプですが、脱出するためには、①②では方法が異なります。

①のケースでは、外部環境を調査し、お客様のニーズ、競合他社状況など、マーケティングのスキルを磨くこと。また、同じ状況であっても成績を上げ続けている先輩や同僚、後輩に話を聞くことも大事です。外部の人であれば、営業支援コーチなど、支援して欲しいことを具体的にし、専門のコーチングを受けることもお勧めしています。

②のケースでは、体調やメンタルに原因があるケースが多いです。このブログでもルーティンワークについて触れたことがありますが、イチロー選手のルーティンワークは有名です。皆さんよくご存じのように、イチロー選手は大きな怪我もなく、好不調の波が少ない、最高峰のメジャーリーグで今も現役です。脱出法としては、睡眠とバランス良い食事、スランプを気にしない、基本に戻る(いろいろと手を出さない)こと。外部の人であれば、メンタルトレーナーやカウンセラーに相談することもお勧めしています。

最後に、私は、スランプに陥ること自体、悪いことではなく、成長するためには必要なことだと考えています。私の脱出法は、とにかくアポイントを埋めて、余計なことを考える時間をなくすことで、精神衛生上のバランスをとっています。

タイトルとURLをコピーしました