挑戦することで道は開く

時事

元ロッテから戦力外通告を受けていた田中英祐投手が三井物産に転職をしたというニュースが流れていたので、研修ネタにしたいと思い紹介します。

 

 

 

田中投手は京都大学で初めてプロ野球選手になりました。しかも当時内定をもらっていた三井物産を蹴り、夢を追った形となりました。プロ野球では日の目をみることはありませんでしたが、球団職員としてのオファーがあったようです。

 

 

 

大学卒業当時に三井物産の採用をされていた方から、再度受けてみないかと声をかけられて、チャレンジし内定を勝ち取ったという内容のニュースでした。このニュースを見て、感じたことは、頑張っている姿は誰かが必ず見てくれているということ、パイオニア的存在になると強いということです。

 

 

 

日本の教育は良きも悪くも金太郎飴的な教育だと私は感じています。なかなか、パイオニア的な考えを生み出しにくい環境だと思います。失敗できない環境では誰も挑戦はしない、人を育てるには、失敗できる環境をどれだけ作れるかが大切です。

 

 

 

今回のニュースはいろいろと考えさせられる、良いニュースでした。

 

タイトルとURLをコピーしました