平昌五輪から学ぶ

時事

まもなく冬季オリンピックが開催されます。チケットが売れず、ホテルも埋まっていないというニュースもありますが、日本としては、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックに向けて学ぶべきことはしっかり学んでおきたいところです。

 

平昌五輪に関しては、北朝鮮の問題や、日韓合意問題など、韓国政権にはかなりの逆風が吹いている中での開催なので、気の毒な面はありますが、しかし、オリンピックは世界のスポーツ祭典です。せっかく韓国を最大にアピールする機会をもらっているので、ここに向けていろいろと手を打つべきではなかったかと素人目に見ても思ってしまいます。

 

私見になりますが、安倍首相は開会式に参加しないことを表明していますが、日本も選手団を送り込む以上、ここは切り離して考えてもよいのではと思います。

 

いずれにせよ、元ラガーマンとしては、2019年のラグビーワールドカップは是非成功して欲しいという気持ちで一杯なので、今から世界に向けて、日本観戦を発信して欲しいと願っています。

 

観光立国を立ち上げる日本としては、2019年、2020年が今後のターニングポイントとなるのは間違いないと思います。日本の良さを最大限にアピールできる、また地方都市にも立ち寄ってもらう最大のチャンスです。日本全体(オールジャパン)の力を合わせて大成功できるように頑張りましょう!!

タイトルとURLをコピーしました