協会に共通する閉鎖感

時事

今世間を騒がせているレスリング栄コーチのパワハラ問題。このニュースを見て思うのは、やはり相撲協会と同様に協会というものは閉鎖的だなあということです。今回は国民栄誉賞の伊調選手と名伯楽の栄コーチだったというのが、これだけマスコミも取り上げている原因だと思います。

 

しかも聞き取り調査をするのが、レスリング協会で第三者機関ではないということも一般世間から見ると???が並びます。

 

また、私見にはなりますが、国民栄誉賞についても受賞のタイミングはやはり現役を引退した選手に対し授与すべきではないかとも思ってしまいます。かつて、受賞を打診されて断った選手も何人かいると聞きます。現役選手で授与されると教えるコーチや回りの人たちも気を遣ってやりにくいということも十分起こりえるような気がします。

 

今回の報道は単にパワハラだけでなく、いろいろな問題を含んでいるように感じているのは私だけではないと思います。

タイトルとURLをコピーしました