財務省と安倍政権

時事

学校法人「森友学園」への国有地格安売却問題で、佐川国税庁長官の事実上更迭、関係者の自殺、挙句の果てに財務省が決裁文書の書き換えを認める方針という報道もされ、大変な事態になってきました。海外ドラマの観すぎと怒られそうですが、自殺も他殺ではないのかと疑ってしまうほど、事の重大さが伝わってきます。

 

もっと重大な、隠さなければいけないものがあるんだろうなと、疑ってしまうような展開です。

 

権力を長く持ち続けるとろくなことにならないのは、日本だけでなく、世界史上も繰り返されてきているのですが、自身では気が付かず、周りもイエスマンが多くなるのでブレーキを踏める人がいなくなります。

 

私見ではありますが、このような状態で国会運営は難しいので、麻生大臣の辞任は避けられないような気がします。ただ、事の発端が安倍首相の奥様が絡んでいる話であるので、大臣の辞任だけで収まる話ではないとも思います。

 

米朝会談の実現など、議論すべき問題が山積している中で、いまだ森友問題で国会運営ができないとなると、日本という国は本当に大丈夫かと思われても仕方ないような気がします。

 

議員も官僚も高学歴で頭の良い方々がたくさんいるはずなのに、なぜ、このような状況に陥ってしまうのか?今の日本という国に不安を抱いているのは私だけではないような気がします。

タイトルとURLをコピーしました