大谷翔平に学ぶ

時事

研修ネタでスポーツの話しをよくします。研修ネタで重要なのは、受講者全員が知っていること。今最も旬な人はやはり大谷翔平選手ではないでしょうか。今年からメジャーリーグに挑戦していますが、思い出して欲しいのは、2012年のドラフト会議。

【Suit ya】
オーダースーツをネットで注文|すべて29800円、追加費用なし

当時、大谷翔平選手は、メジャーへ挑戦することを表明し、日本ハム以外の球団は指名しませんでした。日本ハムだけが強行指名をし、何度も足を運び入団させた経緯があります。

 

 

今の若い世代が大谷選手から学ぶことは、「明確な目標を持つ」ということ。まだ開幕して間がないですが、メジャーリーグで活躍できる姿は大谷選手自身イメージ出来ていたと思います。




ベーブルースが記録した投手で10勝、ホームラン10本という記録は、大きな怪我さえなければクリアすると思います。大偉人のベーブルースと比較されること自体すごいことですが、二刀流で挑戦する以上は大谷選手も意識はしていたと思います。

 

 

明確な目標を立てると、そこに向かってやるべきことが明確になります。1日1日、何をすべきか、これが明確になると、通勤時間にスマホでゲームといった時間の使い方はなくなります。

米国で話題の新たな学習手法
「マイクロラーニング」を用いたオンライン社員教育


持って生まれた身体能力や家庭環境が違うと言う人もたくさんいます。確かにその通りかもわかりません。ただ、すべての人へ平等に与えられた1日24時間、この時間をどう使うかで大きな差となるのは歴史上の偉人達が教えてくれています。

 

 

100年後、日米の偉人として大谷翔平の名が刻まれていることを夢みながら応援したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました