アメフト悪質タックル

時事

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックルについて、スポーツ庁長官も「危険」であるコメントを出しました。

 

一番驚いたのが、日大の内田監督が、「やらせている私の責任」というコメントをしたことです。もし、監督の指示があったのであれば、学生スポーツの監督として大問題であると思います。しかも、大々的に「スポーツ日大」で広告宣伝している大学が加害者側で行った行為であることが衝撃的でした。

 

高3、高1で体育会系の部活に所属する息子を持つ親の立場で見ても、日大でスポーツさせて大丈夫?という気持ちになってしまいます。

 



 

私は元ラガーマンでしたので、よく「アメフトは防具を付けている分、安全ですよね?」と言われることがあります。私の回答は、「ラグビーよりもアメフトの方が危ないから防具を付けているんですよ」と話すと皆さん意外そうに聞いてくれます。

 

ラグビーもアメフトもタックルに対しては厳しいルールがあります。ぶつかり合うスポーツなので、試合中熱くなってしまい、取っ組み合いをしてしまうことはある程度仕方ないと思います。ただプレー中、ボールを持っていない状態でタックルに入られると体が反応していないので、命にかかわる事故につながります。

 

【soft stone back(ソフトストーンバック)】

 

日大アメフトは名門でもあり、昨年の甲子園ボールも久しぶりに制覇しました。古豪復活に水を差す出来事でとても残念ですが、個人的には、ラフプレーをした学生も将来ある学生です。しっかり反省させて、個人がたたかれることがないよう日本大学には誠意を持った対応をして欲しいと思います。

 

被害者である関学QBの学生が早期に回復し、活躍できることを祈ります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました