プロ野球とFA

時事

プロ野球も今年は日米野球でまだ盛り上がっていますが、ドラフト会議も終わったこの時期、気になるのはFAですね。

 

特に今年は広島の丸選手、西武の浅村選手を筆頭に超大物選手がFA宣言したことで、両方のファンのみならず、いつもは敵でしたが、是非うちに来て欲しいと願っているファンも多いのではないでしょうか。

 

私は研修講師として登壇する際に、何度かFAについて話をしたことがあります。ビジネスの世界でもFA制度を活用すればよいというのが私の持論です。転職を勧めるのではなく、社内FA制度を導入することをいつも幹部の皆様にはお話ししています。

クレアール社労士講座

社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。


 

プロ野球もFA導入当初は、是か非か議論になっていましたが、最近では選手の権利として定着してきたかと思います。プロの世界は今年よくても、来年怪我をしてそのまま引退ということも日常茶飯事です。サラリーマンも同様にと考えるのは無理がありますが、サラリーマンにプロ意識を持ってもらうために、今の部署で結果を残し、他の部署でもチャレンジしたいと思えば、FA宣言できる。この制度を作っておくことで、優秀な社員の流出を防ぐことができます。

 

サラリーマンに社内FAの仕組みが無いと、優秀な人材は他の会社に転職します。残念ながら残るのは他に移ることができない社員となります。プロ野球の世界では、来年はもう必要ないということで、戦力外通告、自由契約などでリストラできますが、サラリーマンをリストラするのは早々簡単にはできません。




 

私がオリックスに在籍していた時代、当時の宮内会長は年始の挨拶で全社員に向けて、「優秀な人材を辞めさせないためにいつも対策を考えている」と仰っていました。オリックス出身の企業オーナー、幹部社員は多く、優秀な人材を輩出している会社という印象ですが、宮内会長からすると出て行かれる側の辛さを表現されたのだと思います。球団も保有しているのでややこしいですが、優秀な選手を育て、FAで失う広島東洋カープに似ていると思うのは私だけではないはずです。

 

毎年、プロ野球FAのこの時期は、自身の研修講師としての実力を振り返るようにしています。プロとして活躍し続ける、研修依頼が常に来るように、足りていないことを学び続ける、この気持ちは常に持ち続けたいと思います。



タイトルとURLをコピーしました