平成最後の早明戦

時事

平成最後の早明戦もLIVE観戦してきました。私がラグビーをするきっかけになったのが、昭和62年、雪の早明戦でした。スクールウォーズを見て始めた人も多い時代でしたが、最後の最後まで諦めない攻防に感動しました。

昨日も最後までわからない良い試合でした。早明戦を観戦していつもうらやましく思うのは、それぞれの大学で校歌斉唱する際、現役、OBと思われる観客が起立して大声で歌うシーンです。日本代表の試合でも観客は大声で国歌は歌わない状況を見ると、皆が歌えるというのもすごいといつも思います。

愛学心が強いなあといつも感動します。毎年、良い試合になるのは、この大学には負けたくないというプライドのぶつかり合いだからだと思います。

研修講師をしていて、最近ますます愛社精神が薄くなったという声をよく聞きます。企業の魅力、ブランドをどう高め、維持していくか、結局のところそれを作るのは社員ですから、人材教育というのは本当に大切だと改めて痛感しました。

タイトルとURLをコピーしました