池江選手の完治を祈る

時事

昨日は衝撃のニュースで久しぶりにクラっとしました。私の長男と同い年の18歳。ずっと応援してきましたので、東京五輪を目標にしてきただけに本人の気持ちを思うとやり切れない思いで一杯になりました。

 

水泳をしていなかったら早期発見は難しかったかもしれないという報道で少しだけ救われましたが、日本中が落ち込み、池江選手にエールを送った人も多かったのではないでしょうか。

 

北島康介さんが、しっかり治療できる環境を準備してあげることが大切とコメントされていましたが、その通りだと思います。日本中の期待を背負って頑張ってきた池江選手なので、今度は日本中からエールをもらって、とにかく完治させることを最優先に頑張って欲しいと思います。

 

水泳なんてどうでもいいと私が言うと怒られそうですが、とにかく今は焦らず治療に専念して欲しいです。「越えられない試練は与えられない」という言葉を研修でもよく使います。今まで鍛え抜かれた体力と精神力があれば必ず乗り越えてくれるでしょう。

 

池江選手であれば、更に強くなった姿でカムバックしてくれると信じて完治を祈ります。

タイトルとURLをコピーしました