天皇・皇后両陛下とトランプ大統領

時事

令和初の国賓でトランプ大統領が来日し、天皇・皇后両陛下との談笑映像が報道されました。天皇陛下は留学経験もあり英語も堪能、皇后陛下は元外交官で英語だけでなく他の言語も堪能と、通訳なしで談笑されている映像をみて、多くの日本国民が喜んだのではないでしょうか。

 

令和時代、グローバルな時代、新しい皇室への期待感は大いに高まったように思います。

 

この報道をみて、私を含め、今後は翻訳技術も発達するから、英語を学ぶのはもうやめようかと思っていた人達も少し考えを改めたのではないでしょうか。

 

スマホに向かって話をするのと、目を見て身振り素振りで会話をするのとでは全く違う。人間の通訳を介しても相手から目を外したりするわけなので、それがスマホのような翻訳機となるとうまくコミュニケーションが取れなくなるような気がします。

 

令和時代、海外からのインバウンド、日本からのアウトバウンドといったグローバルな動きが更に活発化していきます。日本では英語ができないことをコンプレックスに感じてしまう人も多く、海外に行っても隣に日本人がいると下手な英語を聞かれるのが嫌で、恥ずかしくて話せないという人も多いのではないでしょうか。

 

改めて英語に向き合ってみようと思わせてくれたトランプ大統領の来日でした。

 

タイトルとURLをコピーしました