衆院選後の景気はどうなる?

時事

野党が分裂し、大型台風の影響もあり、結果的には自公連立政権の追い風選挙になりました。私見にはなりますが、問題が山積している状況で、政権交代はありえないと思っていましたので、安倍首相にはもう一度初心に戻り、信頼回復に向けしっかりと政権運営して欲しいと願っています。

日本経済に目を向けると、日経平均株価も右肩上がりに伸びており、このまま上がり続けることを期待していますが、専門家の中には不動産バブル崩壊がまた起こるのではないかという話も出ています。いずれにせよ、米国の影響を受けることは歴史を見ても明らかなので、トランプ政権の動きは注視することが必要です。

トランプ大統領が法人税を下げるという話をしていますが、もし、日本も法人税を下げるという動きに追随したと仮定すると、どこで穴埋めするかという議論が起こります。もちろん無いところからは取れないので、資産があるところ、もしくは確実に回収できるところから取るというスタンスは変わらないと考えます。

富裕層や一般のサラーリーマンなどがターゲットになるでしょう。また、高齢者の年金問題、介護問題など、高齢者自身の自己負担割合も減っていくことはないと思います。

選挙の時には、各政党が公約を掲げて戦いますが、選挙の後こそ、しっかり公約を守って活動しているかどうか、我々国民がしっかり監視していく必要があると思います。

タイトルとURLをコピーしました