ラグビーとサッカーの代表戦

時事

ラグビー日本代表とオーストラリア代表(ワラビーズ)のテストマッチを横浜国際総合競技場で観戦しました。サッカーで例えると、ブラジルやドイツ、イタリアとのテストマッチです。どれくらいすごい試合かということを理解いただけたかと思います。

 

私は、高校時代にラグビーをしていましたので、オールブラックスやワラビーズの試合を生で観戦できるというのは、夢のような出来事です。2年後にワールドカップが日本で開催されるので、来年はオールブラックスも来日し、日本代表と対戦することが決まっています。

 

ただ、今日観戦して思ったことは、会場にはまだ空席がちらほらあったことが残念でした。ラグビーのテストマッチで4万3000人も観戦したことは素晴らしいと思いますが、これがサッカーの代表戦であれば超満員になっていたはずです。サッカーとラグビーでなぜこれだけの差が出るのか?

 

マスコミで取り上げられていたのは、ラグビー日本代表のメンバーに多くの外国人が含まれていることが人気の出ない原因ではないかとか、報道されていましたが、個人的には、代表戦に出場するメンバーを見たいかどうかだと思っています。サッカーでは、日本のJリーグで活躍し、海外のクラブチームに移籍、ビッグクラブで活躍するような選手達が出てきてサッカーも盛り上がりました。

 

前回のワールドカップで強豪南アフリカに史上最高のジャイアントキリングで勝利し、海外で活躍する選手も出てきました。2019年の日本開催は、今後のラグビー人気を左右するくらいの大きなイベントとなります。もう一度あの感動を生で味わってみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました