9月入学は実現する??

時事

大学2年生と高校3年生の息子がいるので、9月入学問題は就職時期にも影響するため個人的にも注目しています。

 

安倍首相も前向きな発言はしていますが、正直、大学入試センター試験の変更すら予定通りにできなかった文部科学省が前向きに動くとはとても思えないです。

 

教育を受ける権利は憲法でも保証されています。3月、4月とほぼ全国的に小中高が休校となっており、緊急事態宣言も延長されるような状況です。延長された場合、ほぼ3ヵ月間、子供達はまともな教育を受けることが出来ないということになります。

 

私見になりますが、9月入学については賛成です。理由は新型コロナがどうこうという問題ではなく、教育はグローバルスタンダードに合わせた方が良いと思うからです。留学したいという学生は一昔前と比較しても少なくなったと聞いています。逆に卒業は半年遅れても良いから留学するといった、学ぶ意識が高く、優秀な学生達がそのまま、海外で外資系企業に就職し活躍しているという現状があります。

 

今、一番重要なのは全国の小中高の現場に対して、文部科学省から具体的な指示を出してあげることではないかと思います。

 

企業や大学ではWEBで会議や商談、授業をすでに展開しており、通信機材を持っていない学生には無料貸与し、工夫しながら今の状況に対応しています。

 

正直、アベノマスクにお金を使うのであれば、そのお金をタブレットや無料WI-FIルーターのリース代に回すなどした方がよっぽど国のためになると思います。

 

「9月入学」については、文科省だけで決められる問題ではありません。繰り返しになりますが、文科省だけで決められたはずのセンター試験改革すら予定通りスタートできませんでした。思い出していただくと、既にその試験への準備を行っていた高校生に多大な迷惑をかけました。(残念ながら、大人達は子供達に迷惑かけたとは、思っていないと思います)

 

もし、本気で9月入学に変更するのであれば、今しかないのは誰が見ても明らかだと思います。今しなければ、この先、私たちが生きてる間には実現しないでしょう。

 

しかし、出来ないとしても、3月、4月の間に文科省が教育現場に対して、どのような指針を出しているのか、今目先で出来ることをしっかりやって欲しいというのが、親の気持ちです。このまま、3カ月間放置されると今度学校が再開した時、学校に行けなくなり、不登校になる子供達も多くなるのではないかと想像しています。

 

こういう時だからこそ変革できるのは歴史を見ても明らかです。しかし今、欠けているものは強烈なリーダーシップ、国のために私財を投げ打って名を残した井戸塀政治家ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました