平和祈願

目標

今日は広島に原爆が落とされて72回目となる原爆の日です。今でこそ平和な国の日本ですが、ここに至るまでにたくさんの血が流されてきた歴史を振り返ることはとても大切だと思います。戦争を知る世代が少なくなる中で、北朝鮮の問題や憲法改正など、今後の日本がどういう道を歩んでいくのか、大きな岐路に立たされているような気がしています。いろいろな主義、主張は認められるべきだと思いますが、平和主義だけは全人類が絶対にぶれてはいけないものです。

大臣が靖国神社に参拝することで、毎年近隣諸国からクレームが入りますが、日本国民として今の平和な日本があるのは、明治時代から多くの戦争で命を落としていった先人達の犠牲の上に築かれたものであることは、忘れてはいけないと8月のこの時期になるといつも思います。未来永劫、平和な世界が続きますように。

タイトルとURLをコピーしました