プロ意識

目標

阪神、鳥谷選手が2000本安打を達成しました。歴史ある阪神の生え抜き選手では2人目ということに驚き、改めて偉業だと感じました。日米通算で4000本打っているイチロー選手のすごさも改めて感じることができました。両選手に共通しているのは、プロの中でも人一倍プロ意識が高いということではないでしょうか。

数字を追うことよりも、試合に出続けることが大切である。プロ野球は毎日試合があるが、試合を観戦してくれるファンの人はその日しか球場に足を運べない人もいる。まさに応援してくれるファンのためという意識が強いから、連続試合出場という記録も継続できるのだと思います。

鳥谷選手は昨年、絶不調でショートのポジションを奪われ、今年は進退をかける覚悟で臨んでいたはずです。顔面にデッドボールを受け、鼻骨骨折しながらも次の試合には代打で出場、あのシーンは、そこまでの覚悟で仕事に取り組んでいるかと、自身も考えさせられるシーンでした。

 

タイトルとURLをコピーしました