研修ネタと通訳案内士

目標

お正月気分もやっと抜けてきた頃ではないでしょうか?

今年新しく何か資格に挑戦しようと目標を立てられた方もいらっしゃると思いますので、新しいネタをご紹介します。

 

14日、改正通訳案内士法の施行されました。内容は、通訳案内士の資格がない人でも有料ガイドができるようになったということです。

 

この改正には、通訳案内士を教えている資格の学校や既に資格を保有されている方からも批判の声が上がっています。観光庁からは、旅行会社に有資格者を優先して紹介するように打診はされているようですが

 

私見にはなりますが、英語が話せるだけで、観光案内は出来ないと思います。ただ、急激な訪日客の増加に対応できる体制が整備されていなかったのも事実で、今回の改正はある意味仕方がないとも思っています。

 

業務独占規制を廃止することで、新しいサービスが生まれるのは、歴史が証明しています。今回の通訳案内士も優秀な方は今まで以上に活躍できる場は増えるでしょう。今までの日本は規制することでなんとかやりくりしてきましたが、これからは規制緩和や廃止を積極的に行っていかないと優秀な若手は皆海外に流出なんてことにもなりかねないです。

 

今年、何を学ぶか、今一度よく考えてみたいと思うネタでした。

 

タイトルとURLをコピーしました