年末年始に読みたい本!!講師お勧め(部門別)

目標

年末年始休暇は大掃除もあり忙しい時期でもありますが、来年に向けて鋭気を養う期間でもあります。是非有効に時間を活用し、普段はなかなか読めない本を読んでみるのはいかがでしょうか。今回は部門別に選別したお勧めの本を紹介します。

 

【キャリア部門】

先日の「やりたいことがない」の記事でも紹介しましたが、自己分析しましょう、自分の天職を知るために必要なのは、「これまでの自分を振り返る」「自分とは何かを知る」ことだ、みたいな本がたくさんある中、何だか自己分析ばかりして、ループに入っているなと感じている人に、是非お勧めしたい本です。

 

 

とにかくチャレンジしてみようと、背中を押してくれる本なので、2020年の目標を立てる道しるべにもなってくれると思います。

 

【リーダーシップ部門】

リーダーシップは私の専門でもあるので、たくさんお勧めする本はありますが、時間のある時に読み込んで欲しい1冊を選びました。ロナルド・A・ハイフェッツのリーダーシップは、私が提唱するインボルブメントリーダーシップにも大きな影響を与えてくれています。流し読みではなく、熟読して欲しい一冊です。インボルブメントリーダーシップの記事も一緒に目を通してみてください。

 

 

【リスクマネジメント部門】

リスクマネジメントについても、実務で経験し、現在は日本リスクマネジメント学会に所属している関係もあり、お勧めできる本はたくさんあります。初心者にもわかりやすく書かれているのに、深い知識までカバーされている本はなかなかありません。その中でも秀逸なのが、世界一わかりやすい リスクマネジメント集中講座です。事件や事故の報道が頻繁にされており、リスクマネジメント研修の依頼も増えています。また、先日NHKで放送された「パラレル東京」は大震災が起こったとき、どう対処すればよいか、これこそがまさに、リスクマネジメントでもあります。

 

 

【ライフプラン部門】

ライフプラン部門と名付けるのも悩みました。現在、フランスでは80万人クラスのデモが行われています。理由は政府による「年金改革」への抗議です。今年は日本でも、年金だけでは2000万円不足するなど、言葉だけが独り歩きしたような報道もありました。この記事も以前取り上げましたので、あわせて読んでみてください。

 

 

この本は、すでに読まれた方もたくさんいらっしゃると思います。出版されてからというもの、以前から紹介している50歳からのキャリアに関して、自己分析からはじまる類の本が何冊も出版されています。しかも売れているということは、LIFE SHIFT(ライフ・シフト)のインパクトは相当大きいものであったのではないでしょうか。一読して損はない本だと断言できます。

 

【サブスクリプション部門】

著者の川上先生からご指導を受けたことがあり、先生自身も多くの企業から依頼され、現場に入り実践されている内容が書かれています。学者が書いた本とは思えないくらい、とてもわかりやすい本なので、サブスクリプションのビジネスを構築したいと考えている人は是非一読することをお勧めします。

 

 

【ラーニング部門】

最後は、少し変わった視点から1冊ご紹介します。学び方についての本はこれまでたくさん出版されてきました。読者側のペルソナが千差万別なので、どの本を選べばよいかということも難しい部門です。現在、短期大学にて講座を担当している立場もあり、特に研修講師ネタ帳を読んでいただいている講師の皆さんには是非読んで欲しい1冊を紹介します。

 


 

帯に社会人から大学教授になれる!と書かれているように、社会人から大学教授を目指したい人に向けて書かれた本です。研修講師として登壇されている方は自身の専門とオリジナリティをどのように構築するか、そのためにはどう学ぶべきか、ヒントがたくさん書かれています。

 

是非、1冊だけでも読んでいただき、感想を聞かせてもらえたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました