タイガー復活と東大祝辞

目標

マスターズで見事タイガーが復活しました。同年代のスポーツ選手であったイチロー選手の引退で寂しい思いをしていましたが、タイガー・ウッズの優勝は久しぶりに感動しました。

 

ゴルフ界のスーパースターで後世に語られること間違いないタイガーですが、ゴルフ以外で世間を騒がせてしまい、一度どん底に落ちた選手でもあります。

 

タイガーが復活できた理由は何なのか?

 

これからいろんな特集がされると思いますが、大変興味があります。誰がどのようなサポートをしてきたのか、もともと技術を持っていた選手なので、メンタル面での復活ではなかったかと想像できます。

 

東京大学入学式での祝辞が話題になっています。

 

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。(上野千鶴子より一部抜粋)

 

かつてタイガー・ウッズが全盛であったころ、彼のそばには小さい頃から励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれた父の存在がありました。

 

身近な人がいなくなったとき、誰がサポートし、復活できたのか、人材育成の仕事に関わる者として大変興味があります。

 

上野氏は東大に入学する学生達に、励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてあげる側の人間になりなさいというメッセージを送ったのではないかと私なりに解釈しています。

 

タイミングよく研修で使えるネタを提供していただけたことに感謝です。

タイトルとURLをコピーしました