鉄板の研修ネタ

研修

研修講師の皆さんはそれぞれ鉄板の研修ネタをお持ちだと思います。新人マナー研修や営業マン向けの研修をする際の鉄板ネタはやはり、メラビアンの法則ではないでしょうか。

 

研修講師の皆さんには釈迦に説法ですが、メラビアンの法則とは、初めて会う人に対して自身の行動がその人にどのような影響を及ぼすかということを情報別に割合を出したものになります。

 

言語情報(話の内容)7%、聴覚情報(話し方、口調、スピード)38%、視覚情報(見た目、第一印象)は55%という割合になっているというものです。

 

研修ネタとして、私が話をしているのは、一番割合の高い視覚情報はすぐにでも変えることができるということです。身に着けているもの、自身の身の丈に合っているか否かなど、自身の努力というよりは、簡単に身に着けることができるということをお伝えしています。

 

割合の低い言語情報や、聴覚情報は学びや練習が必要で、すぐに身に付くものではないということです。では、メラビアンの法則で割合の低いものは後回しで良いのかという議論にもなったりするのですが、メラビアンの落とし穴は、あくまで第一印象の話だということです。

 

例えば、営業マンであれば、第一印象をよくすることで、敷居が低くなるということだけで、実際に大事なのは、話の内容や、伝え方だと言うことをしっかり伝えてあげないとメラビアンの法則ありきで進めると見た目は信用できそうだけど、話しだしたら中身がないということであれば、そこで話は終わります。

 

研修講師の役割は、やはり出口(ゴール)を明確にし、なぜこの話をしているのか、どのように役に立つのかをしっかり伝えることだと思います。メラビアンの法則は鉄板の研修ネタであることは間違いないのですが、研修講師の力量で伝わり方は全く違ってきます。研修講師の面白さはきっとこの部分にあると思っていますので、是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました