ラグビーと研修ネタ

研修

2019年のW杯日本開催に向けて、盛り上がってきた日本ラグビーですが、フランス代表に引き分けるといったニュースも飛び込んできました。今までは大差で負けていた相手なので、オールドファンから見ると快挙だと思います。

 

もう一つ、個人的に嬉しいニュースは、NZ代表(オールブラックス)で大活躍し、W杯の連覇にも貢献したスタンドオフ(10番)のダン・カーターが神戸製鋼と契約をしました。間違いなく日本ラグビーのレベルはまた上がると思います。

 

私自身、ラガーマンでしたので、研修ネタとしてもラグビーの話をよくします。組織、チームワークなどの研修では、ラグビーネタは結構使えます。

 

One for all , All for one 、1人は皆のために、皆は1人のためにという言葉は、あまりにも有名なので、ご存知の方も多いと思います。実は、この言葉、最後のoneには「1つの目的」を達成するためにという意味を持っていることは、知らない方も多いので、研修ネタとして紹介します。

 

ラグビーであれば、目的はトライをとること。これを仕事の目的に置き換えてみてください。では、なぜラグビーなのか?

 

ラグビーの特徴は、15人のプレーヤーがいて、それぞれのポジションに明確な役割があります。野球のように絶対的なエースは存在しないですし、エースがいたとしても、1人だけでは、絶対に勝てないスポーツだと言えるでしょう。もちろんサインを出す、司令塔のポジションもありますが、各プレーヤーが個々のポジションで機能しないとトライは取れません。

 

点を取るスポーツの特徴として、点が取れないポイントが2つあります。1つは相手の防御力が高いこと。もう一つは自滅(ミス)をすること。仕事に置き換えると、相手の防御は考えなくてよいので、ミスしないことに注力できます。

 

スポーツでも仕事でもミスが0ということは稀ですので、ミスを少なく、万一ミスが起こった場合のフォロー体制、このあたりを研修ネタとして紹介していくと、受講生側としても理解力が高くなります。今回は、ラグビーと研修ネタで紹介しましたが、皆さんが実際に活動してきたことに合わせて紹介することで、刺さり方も変わりますので、是非試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました