師走の研修ネタ

研修

12月に入ると、今年1年もあっという間だったなあと振り返る方も多くいらっしゃると思います。師走(しわす)とは師が走り回るくらいに忙しいという意味があるようですが、師だけではなく、年末のご挨拶や大掃除など、やることが多いため、皆忙しいのは間違いないと思います。

 

私の経験上、12月は上記を踏まえ、研修を組む企業は少ないです。研修講師よりも、セミナー講師をする機会の方が多く、特にボーナスが支給される月でもあるため、金融系が積極的に開催されています。

 

数は少ないですが、12月の研修ネタとして鉄板なのは、年末の挨拶周りではないでしょうか。年末にカレンダーをお渡しする企業も多いと思いますが、このカレンダーがいろいろなものに化けたりします。営業にとって一番嬉しいのは、既存顧客から新規のお客様をご紹介いただくことです。

 

それは、信頼の証でもあります。すぐに紹介できるお客様がいない場合、お客様はどうするか?せっかく来てくれたのに何も出来ずと恐縮され、何かお土産をいただいた経験はないでしょうか?

 

わらしべ長者ではなく、カレンダー長者の話は結構刺さるみたいですので、是非お試しください。

 

タイトルとURLをコピーしました