良き師との出会い

研修

研修講師ネタ帳でも何度か書いていますが、人は亡くなるときに、一番後悔することは「やらなかった後悔」と言われます。あの時、失敗を恐れずに行動すれば良かったという気持ちはいつまでも消えないようです。

 

人生の中で、大切なことの1つに、「良き師(先生やコーチ)に出会えること」が挙げられます。BNPパリバオープンでツアー初優勝を果たした大坂なおみ選手は、サーシャ・ベイジン氏をコーチに迎え、一気にブレイクしました。それだけの素質があったのだと思いますが、その力を引き出したのは間違いなくコーチであると思います。

 

このブログを読んでいただいている皆さんが、私の師は〇〇ですと言える人は幸せです。今はいなくても、師と出会う年齢は関係ありません。60歳を超えて師匠と出会い、ブレイクする方もいらっしゃいます。要は師を求めているか否か、師を求めるということは、何か極めたいことがある証拠です。

 

研修講師として、この気持ちは持ち続けたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました