好きこそ物の上手なれ

研修

鉄人衣笠祥雄さんがお亡くなりになりました。連続試合出場の世界記録を樹立された偉大な野球選手ですが、「キヌさんが、一番野球好きだった」というコメントにもあるように、野球に対する思いや人柄が伝わってきました。

スポーツ選手の中でも成功する人と、思い半ばで引退する人がいます。大谷選手のように持って生まれた才能がある人もいますが、ドラフト指名される選手は皆実力がある人ばかりです。

どこで差がつくのでしょうか?

スポーツ選手に関わらず、ビジネスの世界でも同じだと思いますが、「好きこそ物の上手なれ」ではないでしょうか?

結果的に数字を出している人は、その仕事がとても好きで、どうすればもっとうまく出来るようになるのか、ずっと追い求めている人です。

逆に、実力がある人でも、現状に甘んじて努力を怠ると時代のスピードについていけず、知らない間に大きな差となってしまいます。

「好きこそ物の上手なれ」

故事、ことわざから学ぶことは多いです。

タイトルとURLをコピーしました