強みを知る研修ネタ

研修

研修講師の皆さんには釈迦に説法ですが、意外と知らない自分自身の強みがあるということを伝えるのに、

よく使う研修ネタは、「ジョハリの窓」です。

 

自身の強みを伸ばした方が、弱みを補うよりも効率が良いということは様々な書籍でも紹介されています。

 

では、あなたの強みは何でしょうか?

 

研修講師ネタ帳でも以前紹介した、ストレングスファインダーテストは下記の書籍を購入すると特典で受験することができます。

 

 

ストレングスファインダーテストを受けると、ジョハリの窓でいう「開放の窓」「秘密の窓」が多いという印象を受けます。

 

自身の能力を伸ばすために知っておきたい自分の強みは、自分が気付かず、他人が知っている「盲点の窓」です。

これを知るには他人に聞くしか方法はありません。研修講師の皆さんは「〇〇さんすごいね」と言われた経験が多いと思います。こう言われたときは、チャンスです。「ありがとうございます!」と御礼を言った後、「すごいと言っていただくことは嬉しいのですが、私自身がよくわかっていないのです。どういう点がすごいと思われたのか、教えていただけませんか?」と聞いてみてください。

 

「難しいことをわかりやすく伝えてもらえた」「〇〇さんの話しを聞いてモチベーションが上がった」等々、答えをいただけます。もちろん自身で把握している内容も多く出てくるとは思いますが、意外な一面を突いてこられることがあります。まさにそれが、「盲点の窓」です。

 

是非、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました