社会人大学院②

社会人大学院

社会人大学院の選び方について、ご紹介します。まず、社会人大学院に入学する目的、将来のビジョンをしっかり持っておくことが大事です。今の仕事に活かしたい、卒業後は違う仕事に転職したい、海外留学したい等、具体的な目的がないと、入学できたとしても修了するのは難しいです。

一般的に、大学入学する前の受験勉強に力を入れ、入学してしまえばよほどさぼらない限り、卒業はできます。大学院は入学してからが勝負で、相当の負荷をかけて学ばないと修士の学位は授与されません。

大学院にも偏差値はあるのか?基本的に社会人大学院で偏差値という基準で大学院を選ぶことはありません。ただし、博士後期課程まで検討しているのであれば、旧帝国大、旧三商大、早慶が大学教授への近道とも言われたりします。(それだけ修了するのも難しいですが・・・)

一番重要なのは、研究したいことがはっきりしていないと大学院に行く意味もありませんので、そこを明確にし、その研究分野の教授が在籍しているかどうか、そこを基準に選ぶことが重要です。受験する前に、教授にアポイントを取得する等し、指導可能かどうかを確認することもしておきたいポイントです。

 

タイトルとURLをコピーしました