社会人大学院③

社会人大学院

社会人大学院の受験対策について、ご紹介します。文系がメインになりますので、理系の皆様にはご容赦いただけたらと思います。まず、入学試験については、研究計画書と専門科目及び英語を必須としている大学院もあれば、研究計画書と面接だけで選考する大学院もありますので、目指す大学院の資料を取り寄せ、準備することが必要です。一番重要なのは、研究計画書です。書き方等は、下記の書籍が参考になりましたので、是非ご覧ください。

何を研究したいのか、どうやって研究するのか、ここが具体的になっていれば、入学することはさほど難しくないというのが、私の結論です。

他に、よく質問されるのは、「英語を話すことが出来ないが、大学院を修了できるのか?」

答えは、私は話すことができないですが、修了することはできました。ただし、話すことが出来なくても、英文を読めないと単位取得は難しいです。忘れもしない、一番はじめの授業で英文で書かれた論文を渡され、次の授業までに読み、議論するといった具合で、授業は進められます。大変苦労したことを思い出します。

タイトルとURLをコピーしました