資格試験を考える

資格

10月、11月は資格試験の試験日も多く、追い込みを頑張っている方もいらっしゃると思います。私も宅建指導で、この時期は受講生の皆さんにエールを送ることが多いのですが、資格試験は決して難しいものではないということをお伝えしたいと思います。

資格試験は試験範囲が決まっていて、毎年合格する人数もほぼ決まっています。ということは、勉強方法さえ間違えなければ、合格する順番が回ってくるのです。合格できない人の大半は途中で受験をあきらめた人ということになります。



論文試験や記述試験は択一と違って難しいのでは?という質問もよく受けますが、全く関係ありません。論文、記述については、知らなければ何も書けない、択一はわからなくてもマークはできる、これだけの違いです。難しいのではなく、勉強方法が間違っているだけなのです。



なぜ、資格の学校があるのか?

まず、資格取得はスタート地点に立てるだけだということを、肝に銘じておきましょう。そうであれば、スタート時点にも立てない状況をいつまで続けるのか、道楽で勉強を楽しみたい方であれば、何も問題はありませんが、このブログを読んでいただいている皆さんの中にはそのような方はいないと思います。資格の学校は、まさにスタート時点まで最短距離で進むためにあるのです。

20年前には考えられないくらい、学習する手法も進化しました。そのような資格の学校をいくつか紹介しておきます。






タイトルとURLをコピーしました