インプット終了

社会人大学院

熊本大学から履修証明書が届きました。昨年、これまで様々なことを学んできた集大成として、産学連携教育イノベーター育成プログラム「インストラクショナルデザイン指導力育成コース」を受講しました。このたび無事、修了することができました。

このプログラムに参加した理由は、講師の立場として、これまで企業内研修や短期大学にて登壇し、講師の自己満足で終わっていないかという消化不良を感じていたこと、そして、受講生としてこれまで多くのお金を投資したにも関わらず、アウトプットするまでに至っていない理由を探るためでした。

結論として、40代最後にこのプログラムを学べたことは本当にラッキーであったと感じています。講師側と、受講者側を数多く経験してきたからこそ腹落ちする部分が多くありました。間違いなく、これまで私が投資をしてきた学びの中で一番良い学びであったと断言できます。

「インプット終了」としたのは、このプログラムを修了し、私自身やりたいことが明確になったからです。

「五十にして天命を知る」

今年50歳を迎える私としては、やりたいことが明確になったことは、まさに天命を知るだと感じています。

これまでの社会人経験、学習経験、子育て経験、これまでインプットされたことが、インストラクショナルデザインを学んだことで綺麗に整理することができました。

インストラクショナルデザインをベースとした学習設計は年齢問わず提供することができます。まずは、中学生、高校生に向けたアウトプットから始めてみようと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました