応援の力

心理

長男最後の春、神宮第二球場へ日大三高戦の応援団として観戦しました。吹奏楽やチア、野球部OBや在校生、父母も含め、大応援団となりました。一方の日大三高は甲子園帰りの初戦、応援席も空席が目立っていました。

 

同じ高校生ですから、敵の応援はやはりプレッシャーになるのか、8回表まで4-4の接戦を繰り広げることになりました。試合は4-6で惜敗しましたが、東京NO1の高校と互角にやれたのは自信になったと思います。

 

今年は都立高校が強く、東東京大会では小山台、城東といった甲子園を経験している都立も夏のシードを獲得しました。監督を16年ぶりの甲子園へ連れていける最大のチャンスなので、頑張ってもらいたいと思います。

 

また、昨日は取引先の役員と久しぶりの東京ドームでプロ野球を観戦しました。巨人VS広島でしたが、広島の隙がない野球と応援団の一体感が素晴らしいと感じました。東京ドームでいつも感じるのは、広島や阪神とやるとどっちがホームかわからなくなるくらい、アウェイチームの応援がすごいことです。

 

 

高校野球とプロ野球ではスキルの違いは大きいですが、応援という部分だけ見ると、変わらず熱いなと実感した4月前半でした。4月も後半分、GWまで仕事頑張っていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました