100回目の夏終わる

高校野球

強豪私立vs公立の星というカード、どちらが勝っても史上初という100回目のフィナーレに相応しい決勝戦でした。

 

結果は、大阪桐蔭の圧勝。今大会の東東京予選で敗退し、引退した長男が、高校日本代表は大阪桐蔭でよいと言うくらい最強のチームだったと思います。

 

なぜ、高校野球は感動するのか?

 

プロ野球は見ないけど、高校野球は見る日本人はたくさんいます。ただ、日本以外の国で学生スポーツがここまで取り上げられることは少ないのではないでしょうか?

 

私見になりますが、高校野球には古き良き日本の景色がまだまだ残っている。坊主頭に礼儀、最強の大阪桐蔭でさえも驕ることなく、相手チームのためにコールドスプレーを持って走る。

 

単なる勝ち負けではなく、爽やかな気持ちにさせる何かがあるなと、長男が高校野球をやってくれたおかげで学ぶことが出来ました。

 

100回目の大会に予選含め、参加した子供達の未来が平和であることを祈ります。

タイトルとURLをコピーしました