春夏連覇

高校野球

長男が東京で高校野球をやっていても、地元が大阪の私としては、やはり大阪代表も気になります。今日は春夏連覇を目指す大阪桐蔭高校が危なげなく勝利しました。春夏連覇が気になり、調べたところ、99回を重ねる大会の中で、7校しか達成していないということがわかりました。すべて違う高校ですが、今回、大阪桐蔭高校が連覇すれば史上初めて2回目の春夏連覇ということになります。

連覇と言えば、徳島の池田高校を思い出すのですが、実は春夏連覇はなく、夏春連覇であったことがわかりました。夏春連覇は、春夏連覇するよりも数段難しいと言われています。夏の大会が終わると3年生は引退するので、2年生主体の新チームが秋季大会で春の選抜を目指します。要はまったく違うメンバーで連覇を目指すことになるため、難しいと言われています。その証拠に達成した高校は4校しかなく、一番新しい記録で1983年の池田高校となっています。

最近の甲子園大会はほとんどが私立高校の出場となっていますが、春夏連覇した唯一の公立高である和歌山の箕島高校や、同じく公立校である池田高校のように、公立校の活躍を期待するのは、私だけではないと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました